evernoteの落とし穴と戦略

こんにちは、ゴードンです。
前回お話しました、
evernote(エバーノート)の事で
僕が使っている内に分かったことが
ありましたので、
お伝えしたく、今回また取り上げます。
メモアプリに溜まっていたメモ達をevernoteにコピペして
だいぶ良い所までやったのでこれで安心だと思いました。
安心したので、メモアプリに書き込んでいた記事を
少し消したんです。
そのまま、調子良く使っていたのですが
いつもの様に、iPhoneでevernoteに書いた記事をブログに貼り付けようとして
「全選択→コピー」しようとしたら
間違って、全選択したままコピーボタン押さずに、
[それでは!]という予測変換の所を押してしまいました。
記事の内容が[それでは!]になってしもうたのです︎
「あ、やべ〜」と思いながら
前の状態に戻せると思いきや、、、
とんでもない!
上書きされてしまい
前の状態に戻せない事が判明したのです~_~;
これが、無料の痛い所だと
つくづく痛感しましたね。
なんとか、元に戻せないかと
調べてみた所、、、
検索・・
検索・・・
分かりました、
元に戻す方法がありました^^;
ていうか、evernote内にありました。
それは、evernoteのプレミアム会員に
なれば記事の過去の履歴を
引っ張り出すことができるとの事です。
月額450円、(Windowsの場合)払えば
記事の履歴を出すことが出来るようになるのです。
ちなみにiPhoneだと、月額600円で
この機能が手に入ります。
月額払うだけで、履歴以外にも
他の機能が幾つか追加されます。
僕的には、履歴を引っ張り出すことしか魅力が無かったのですが
450円払い、記事を復活させましたね^^;
お分かりの通り、evernoteが無料で使えるのは
ここまで持っていく事が目的とされているようですね。
素晴らしい販売戦略だと思いましたし、勉強させてもらいましたね^ ^
手法としては、フロントエンド バックエンドを
使った鉄板手法ですね。
まんまと、引っかかった甲斐があったと思います。
でも、evernoteの機能は
本当に素晴らしいので使わないのは非常に勿体無いし
作業効率にも影響がでる事は間違いないですよ^ ^
なので、月額払ってでも
導入する価値のあるツールだと思います☆
ちなみにevernoteは
こちらからダウンロードできますよ
まずは無料版からオススメです。

僕みたいにミスったら、
月額払って下さいね (笑)
それでは、今回は
こんな感じです^ ^
では、では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする